DTL.xna レポート XNAゴング こびとスタジオさん

こびとスタジオさんのテーマは「こびとスタジオのゲーム開発」についてでした。

ここで面白かったのは説明資料をXNAで製作していたことです。説明はXbox360のコントローラーを使って行われました。説明内容は以下のような感じでした。

  • 1つのジャンルに拘らない
    同じジャンルばかりだと飽きてしまう
  • ゲームを作るときはベースとなるものを作る
    シューティング、ノベル、FPS、TPSのベースを実際に動かしました。
  • 開発の流れをちゃんと作る
    企画書の作成から始める。この企画書の規模が大きくなりすぎたら没にすることも。作るものの規模に限らず流れを作るのは重要。
  • メンバーとの連絡はメッセンジャー、メール等を利用
    通常はメッセンジャー、場合によってはMixiのメッセージやメールを利用する。

サークルでゲームを開発する観点からの話で、XNAに限らずゲームを作るのに参考になる話でした。Xbox LIVE インディーズ ゲーム のサービス開始後に4本も配信出来ているのも納得です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook



この記事にコメントする

Translator

Japanese flagItalian flagEnglish flagGerman flagRussian flag

XboxLIVE IndieGames Vision

クリックすると
Webマーケットプレイスにジャンプ

アーカイブ

カテゴリー

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン